赤ちゃんと一緒に沖縄旅行記7

赤ちゃん連れ4人家族で行った3泊4日沖縄旅行記です。

スポンサーリンク

沖縄最後の夜

沖縄最後の夜になってしまいました。
3日目の夜ご飯は徒歩でも行ける、近くの恩納そばに行くことにしました。


カフーリゾートは恩納村にあるので、周りは宿泊施設やダイビングショップ、沖縄居酒屋など観光客向けのスポットが多かったです。
とても流行っている居酒屋(ライブもやっててにぎわっていた)を横目に、恩納そばに向かいます。
地元のお客さんも多そうな食堂でしたが、観光客っぽい家族連れもチラホラいました。
すぐそばにホテルモントレが建ってるので、そこから来る人も多そう。

沖縄最後の夜、ということでザ・沖縄料理をたくさん注文しました。

7525a9b4
じーまみ豆腐と島ラッキョウ

67472971
ゆし豆腐そば ゆし豆腐は優しい味でおいしかった。
ec368a74
タコライスとなんだったかな…

f1565b3b
ソーキそばだったかな(だんだん記憶があやしく)

87a67aa2

とろとろだったてびち

がっつり食べるのは大人だけなのに…明らかに頼みすぎました。
しかし残すのはいけないと旦那と二人で頑張って食べました。
こちらの店頼んだじーまみ豆腐は、今まで食べた中で一番おいしいじーまみ豆腐でした。
関西にある沖縄料理で食べるじーまみ豆腐は、「あ~こういう味なのね」と感想を持つだけなのですが(偉そう)、ここで食べたものは別物です。超なめらか!
なんでここまで違ったんだろう。手作り?関西のは時間が経ってるから?
てびちも、豚足が苦手で食べたことがなかったのですが、食べてみるとおいしくてビックリ。
まんぷく沖縄に載っていた焼きてびちも食べてみたかった…。
「恩納そば」は子供の用の食器も置いてあったし、家族連れのお客さんもいたし赤子連れでも安心していけるお店でした。

沖縄での食事。
思い返せば、旅行に行く前は行きたい飲食店を全部リストアップしていたのですが、行けたのはその中の2件だけ。
沖縄のステーキ屋さんにも行ってみたかったけど、沖縄は広かった。しかも赤子連れで北に行ったり南に行ったりは結構なハードスケジュールでした。
いや赤子がいなくても、大人だけでもしんどいかもしれない。
でも希望通りの店に行けなくても十分楽しかったな~。
書き忘れていましたが、A&Wのドライブスルーでモッツァバーガーも買いましたよ。
そして有名な(笑)ルートビアも。湿布の味だとか言われてますが、確かに…薬系の味でした。

ちょっとその辺をブラブラ歩きながらホテルに帰りました。本当に名残惜しい。もっと沖縄にいたかった。
旅行と旦那の誕生日が被っていたのでカフェのケーキをサプライズで誕生日仕様にしてもらいました。

6e963eab

沖縄旅行 とうとう4日目

あっという間に一晩経ち、とうとう4日目の朝になってしまいました。
飛行機は那覇空港11:50発なので、午前中はどこも行かず早めに空港に向かうことにしました。
レンタカーも返却しないといけないので、かなり余裕をもって出ないといけません。
前夜から片づけはしていましたが、荷造りが大変だった…。2日いるだけなのに部屋って本当にすぐに散らかるな。
そしてぎゅうぎゅうに押さないと閉じないトランクケース。
お土産は宅急便で別で送っているので荷物が増えたわけでは無いのに、何故なんでしょうか。ミステリーです。

ホテルをチェックアウトし、レンタカーも返していざ空港に。空港に着いたのは10時すぎだったかな。
飛行機が出るのが11時50分という時間なので、空港内で早めの食事を済ますことにしました。
早めのランチも空港食堂でとろうかな~とお店に行くと、ランチは11時からとのことでした。
最後に沖縄そば等の、ザ沖縄料理を食べようと思っていただけにショック。
4階のレストラン街は営業していたので、そこのお店で食事を済ませました。
最後の島らっきょう…と名残惜しく食べていると、にぎやかなグループが隣のテーブルに座りました。アヴァンティの教授風に耳を傾けると、どうやらさっき那覇空港についたばかりの様子。
これからするマリンアクティビティの話題に花が咲いていました。
うらやましい…これから沖縄を楽しめるんだから。

それから飛行機に乗り込み、シートベルト着用のサインが点灯したころ、上の兄が癇癪を起こしてしまいました。
サインが消えるまで席から動いてはいけないため、泣きわめく長男を抱きかかえたまま地獄のフライトが始まりました…。
沖縄、本当にまた行きたいけど、子供たちがおとなしく静かに座ってられるようになるまでおあずけかもしれない。


にほんブログ村

にほんブログ村