赤ちゃんと一緒に沖縄旅行記

スポンサーリンク

家族で沖縄旅行 3泊4日

2歳とハイハイ真っ盛りの赤ちゃん連れで沖縄旅行に行ってきました。

この旅行記は2014年9月のものです。

赤ちゃん連れはどこの飛行機がいいのか

主人の休みが取れそうだったので、ちょっと遠くまで旅行に行くことにしました。
せっかくなので沖縄に行くことに!

家族4人で初めての飛行機での旅行です。
3歳とまだハイハイ真っ最中の赤ちゃん連れで沖縄旅行に行きました。まだイヤイヤ期をひきずる兄と、まったく言うことをきかない赤子連れでの飛行機は「不安」の
ひとこと。

まずは飛行機会社をどこにするか迷いました。LCCは予算的にはOKだけど座席が狭いそうで却下。
楽天トラべルで行くつもりだったのでJALかANAの選択になります。

いろいろ口コミを調べると、赤ちゃん連れだとJALの方がいいのかな、という印象でした。

あと今まで飛行機に乗っていた経験から、CAさんはJALの方が感じが良かったのです。

出発は伊丹空港にしました。

9時過ぎに伊丹発なので、その日は4時起きでした。それでも初沖縄なのでテンションは高め。

伊丹空港に到着してから、すぐにスマイルサポートのカウンターに向かいました。

事前に座席指定はしていましたが、酸素マスクなどの関係で窓際は取れなかったのです。

スマイルサポートのカウンターで座席を聞くと、窓際二席が空いているとのことでした。

機内では何度も授乳をしたので、窓際に変更してもらえたのは本当に助かりました。
またスマイルサポートで荷物もすぐに預かってもらえたのもとっても助かりました。

小さい子連れだと、行列に並ぶのが難しいのでこのスマイルサポートの利用は赤ちゃん連れには超オススメだと思います。

乳幼児連れで初めての飛行機、JALの対応はとてもよく次回もし飛行機に乗ることがあれば必ずJALにしようと思いました。
荷物を預けたらまだ少し時間があったので、展望デッキをブラブラしました。
6ecae2d3-s

この展望デッキは広くてベンチもあり、飛行機がバンバン飛んでるので見ていて楽しかったです。
飛行機に乗る予定がなくても、遊びに来たいと思いました。
そして余裕をもって早めに保安検査場を通り、時間まで出発ロビーのキッズコーナーで

子供を遊ばせてました。
子供連れで一番のネックは待ち時間をどうするか、なのでこういう場所があると時間を潰せるので嬉しい。

そして搭乗、機内ではジュースやおやつ、頂いたおもちゃを駆使してなんとかやり過ごしました。

タブレットも持って行ってたので、事前にダウンロードしたアプリで遊ばせたりもしました。
とにかく子供たちが騒がないよう気を使いまくって疲れましたが、行きの飛行機は何とか騒ぐこともなく、待望の那覇空港に到着しました。
乳児を連れているとCAさんがやたら気にかけてくれる気がします。枕や毛布も持ってきてくれました。

JALにして良かったなぁ。ANAも同じくらい感じがいいのかもしれないけど…

初めての沖縄

さて初めて降り立った沖縄はムシムシ暑い!機内から出た瞬間、もわっとくる湿気!

でも嬉しい!!初めての沖縄ハイサーイ!な気分でした。
レジャー地なので、搭乗客もみんな浮かれています。
那覇空港に到着したのはお昼前でした。外に出るのも時間がかかるので、ランチは空港内で済ますことにしました。

しかし、同じようなことを考えている人が多く、ほとんど飲食店は結構な行列でした。

ファストフードなら、と思いA&Wに行きましたがそこも行列がすごかった。

噂のルートビアを飲んで見たかったけれど、外にも店舗があるので我慢です。
悩んだ結果、空港食堂に行くことに。

空港食堂は空港の従業員の方が利用する食堂だけど、私達のような一般の客も利用できるという食堂です。

安くて早くて結構ウマイと4travelの口コミに書いてありました。

4トラはたくさんの方の旅行記が読めるので、赤ちゃん連れ旅行について、沖縄のホテルなどとても参考になりました。

空港食堂内に入った時は満席でしたが、食券を買い終わる頃にはひと席空いたので急いで確保しました。

この店はセルフだと思い、呼ばれたら料理を取りに行ってましたが、運んでもらってる人もいたので

余計なことをしたのかもしれない。

空港食堂は料理もすぐ来るし、安くて美味しかったです。4トラの口コミに偽りなし!
特にソーキそばはソーキがトロトロで美味かった。

子供用食器があったので子供に分けてあげることができたのも良かったです。
dd6e90d0-s
沖縄そばとソーキそばです
66290151-s

フーチャンプルーの定食
暑い時期に熱いそばを食べて汗がダラダラ出てきました。でも美味しかった!

初沖縄ランチに満足し、そしてレンタカーの送迎ターミナルに向かいました。