赤ちゃんと一緒に沖縄旅行記5

赤ちゃん連れで行った沖縄旅行3泊4日、その記録。

スポンサーリンク

美ら海水族館

沖縄といえばこの美ら海水族館です。
沖縄旅行の旅行記を読むと、必ずといっていいほど見かける美ら海水族館。
今回の旅行でも、必ず行こう!と心に決めていたスポットでした。
ネットで口コミを見ると、平日でも結構な人出だそう。
ですが、美ら海水族館のホームぺージで混雑予想が見ることができます。

時間帯によっても混み具合が違うとのことで、私たちは平日の夕方に行くことにしました。
しかも4時以降に入館すると少し安くなるようです。

大人料金 1,850円→1,290円

また、美ら海水族館のチケットで忘れてはいけないのが、園外販売券です。
ファミリーマートや道の駅でお得にチケットをゲットできるのです。

ファミリーマート

大人 1,850円 →1,620円

高校生 1,230円 →1,110円

小中学生 610円 →550円

道の駅 許田

大人 1,850円 →1,600円

高校生 1,230円 →1,100 円

小中学生 610円 →550円

もし美ら海水族館に行く予定があれば、前もってチケットを買っておくのがお勧めです。
園外でチケットを買っても4時以降の入館になるかも…という方も大丈夫!4時以降の入館の場合は、ちゃんと差額を返金してもらえます。

途中道の駅などに寄り道しつつ美ら海水族館に到着しました。

夕方でもやはり人は多いです。さすが人気の水族館。16時からは安くなるので、それを目当てに来る人も多いのでしょうね。うちのように。
水族館のすぐ近くに、ちびっこ砦というアスレチックの遊具があり子供がもっと大きければここでも
遊べそうです。
そもそも美ら海水族館はとても広い海洋博公園の中の施設の一つ。この海洋博公園には植物園やプラネタリウムなどたくさんの施設が設立されています。
一日いても遊びきれないのでは…と観光客はあまりゆっくりできず残念でした。

さて、肝心の水族館。
一番人気の壁一面に広がる水槽!これが目当てで来る人も多いようで、入館したら走って中の方にダッシュで消えていくお客さんをよく見かけました。
しかしこちらは乳幼児連れ…ゆっくり館内を周ることに。
そして到着した黒潮の海!目の前一面に広がる青い水槽は圧巻です。この場所が一番混んでいました。

8259302a

下の子はまだ赤ちゃんなのでこの凄さもイマイチわからず、親が「お~!」と眺める感じでしたが。
ジンベエザメはやっぱり人気ですね。
f756394d
上の子もじっとしてるのに飽き、水槽の前からやっと移動しました。
順路に沿って歩き、外に出ることに。

その後寄ったのは「オキちゃん劇場」。他の水族館でもよくあるイルカショーがみれる劇場です。
ただ、このオキちゃん劇場は無料で見ることができます。
水族館のチケットを購入しなくても、ショーを見ることができます。太っ腹すぎる!
近所の子供たちはいつでも海洋博公園に遊びにきて、ここのイルカたちにも出会えるなんて羨ましすぎです。
ショーのクオリティも高く、子供たちと楽しんで見ることができました。
イルカだけでなく、オキゴンドウというクジラの仲間も一緒にショーに参加しています。
そもそもオキちゃん劇場の「オキ」はオキゴンドウからきているそう。

ショーも終わりましたが、そのまま観覧席に座り夕日が沈むのをのんびり見ていました。
夕日を眺めるカップルにロマンチックだろ~と余計なことを思ったり…。

553d6f25
沖縄旅行では忙しくいろんな施設を周りましたが、一番記憶に残っているのはこういう何気ない時間だったりします。
もう一度沖縄に行けるなら、海洋博公園の近くに宿をとり、ゆっくりこの公園で遊ぶという選択もアリだなと思っています。

ゆっくりしたおかげで結構遅い時間になってしまいましたが、今日泊まるホテルに車を走らせます。



にほんブログ村

にほんブログ村